NEWS

2017.9.20

スマホを決済端末として利用できるアプリ型クレジット決済“SWIPE”をリリースしました

スマホを決済端末として利用できるアプリ型クレジット決済“SWIPE(スワイプ)” サービス提供開始、沖縄から全国への普及をめざす訪日外国人向けに銀聯(ぎんれん)カードにも国内初対応
今なら初期費用“0円”

ソフトウェアおよびスマホアプリの企画・開発・配信事業を手がける株式会社コンテンツゲート(本社:沖縄県那覇市 代表取締役 佐藤慎吾)は、米国有数のグローバルオンライン決済サービスプロバイダーであるAllied Wallet Ltd,(本社:米国カリフォルニア州 CEO Andy Khawaja)と共同で、カードリーダーをイヤホンジャックに差し込むだけでスマホやタブレットを決済用端末として利用できるアプリ型クレジット決済サービス“SWIPE(スワイプ)”の日本での提供を本日より開始しました。訪日外国人の増加を背景とするキャッシュレス決済ニーズの拡大に対応し、これまで導入の進んでいなかった小規模事業者やタクシー等でのクレジット決済の普及をめざします。

SWIPEとは?

SWIPEアプリをGoogle PlayもしくはApp Storeからダウンロードし、専用リーダーをスマートフォンやタブレットのイヤホンジャックに挿すだけで、クレジット決済が可能になるサービスです。

SWIPEの特徴

・スマホ端末型クレジット決済サービスでは国内で初めて銀聯(ぎんれん)カードに対応し、VISA・MASTER等世界7大カードブランドのすべてにおいて利用可能。(※中国銀聯は近日対応予定)
・Wi-Fi・3G・4G・LTEなど通信の種類は問わず、電波が届く場所なら屋内外のどこでも利用できるため、タクシー、イベント物販、訪問販売等これまで導入が困難であった業種・業態でもクレジット決済が可能。
[1]SWIPEアプリは日・英・韓・中の4ヶ国語に対応。
・日本国内では法令で平成30年3月末までに対応が求められるPCI-DSS(クレジットカードの国際的セキュリティー基準)に準拠済。
・事業者や店舗オーナーがすでに保有しているスマホやタブレットを活用すれば、専用リーダーの購入のみでクレジット決済導入が可能(早期導入キャンペーン中により現在リーダー費用は無料)。新たな回線の用意も不要。

2017.09.07の写真その1
2017.09.07の写真その2

SWIPE提供のねらい

諸外国カード利用率

金融庁と経済産業省はFinTech社会の実現に向けて、クレジットカードや電子マネー等によるキャッシュレス決済比率を現在の20%弱から10年間で2倍の40%に引き上げる政策指標を設定し、キャッシュレス化を促進しています。[2]またこれはキャッシュレス決済比率が現在でも50%を超える中国や韓国から訪れる観光客の利便性を高めることによる、訪日外国人の受け入れ環境整備の一環としての意味も持ちあわせています。

近年訪日観光客が増加し続けている沖縄において、事業者にとって費用負担の少ないかたちでクレジット決済の普及をはかることは、観光客の満足度を上げることと、県民生活の利便性を高めることの双方で重要な課題となっています。コンテンツゲートではこの課題を解決するため、世界196カ国・25種類の通貨でのオンライン決済サービスを提供するAllied Wallet Ltd,とともに日本市場に向けてのサービス開発を行い、沖縄の企業として初めて、初期費用実質0円でのアプリ型クレジット決済サービス提供を実現させました。

SWIPEの今後

沖縄から全国に向けてSWIPEの普及をはかる一方、今後は蓄積される各種クレジット決済関連データについて、すでにコンテンツゲートが開発提供済みのビックデータ解析ソリューション「BI-DA」との連携による新たなビックデータおよびFinTech関連サービスの開発に取り組んでまいります。

swipeappイメージ画像  
QRコードで簡単インストール
App storeQRコード

App Store

GooglePlayQRコード

Google Play

アプリ情報

タイトル:SWIPE
ジャンル:アプリ型クレジット決済サービス
提供カテゴリ:ビジネス
対応機種:iOS 8.0以上、Android 4.0.3 以上
公式サイト:http://swipe-pay.shop/
GooglePlay:https://play.google.com/store/apps/details?id=com.alliedwallet.swipe
App Store:https://itunes.apple.com/us/app/allied-wallet-swipe/id988576721?mt=8

[1]韓国語・中国語は平成28年9月末のアプリアップデートで対応予定
[2]経済産業省「FinTechビジョンについて」(平成28年6月21日)

株式会社コンテンツゲート

沖縄県那覇市牧志1丁目4番33号 嘉数ビル2階
代表取締役社長:佐藤 慎吾
資本金:1500万円
設立:2013年10月25日
URL:http://contents-gate.co.jp/

サービスに関するお問い合わせ

株式会社コンテンツゲート
SWIPEプロジェクトチーム 石井、大宜見

電話番号:098-860-5165

メールアドレス:info@contents-gate.co.jp